ホーム > ぶらり縁日 第2回 「キューピー人形屋さん」「履物屋さん」(2007年5月14日)

ぶらり縁日

毎月 4日・14日・24日 は縁日です。
毎月4・14・24日に開かれるお縁日には、昔懐かしい露店が地蔵通りに沿って軒を連ね、壮観を呈すると共に江戸情緒豊かな風情の中、10万人とも15万人ともいわれる善男善女で賑わいます。

2007年5月14日

第2回 「キューピー人形屋さん」「履物屋さん」

キューピー人形屋さん

画像商店街に入ってすぐ、色とりどりの毛糸の洋服&帽子で着飾ったキューピーちゃんがぎっしり並べられた露店さん。カメラを向けると「わたしはいいよぉ」と照れる店主さんが一つ一つ手作りの洋服を着たキューピーちゃんはホントにキュート。あっ、でも目を合わせないようにしてくださいね、全部連れて帰りたくなりますよ!

_いつの間にかお仕事に キューピー一筋35年

「最初は売り物じゃなかったんだけどね、いつの間にか仕事になったのよ。」

道行くご年配の方々を一瞬で少女に戻してしまうようなかわいらしいキューピー人形に囲まれて、店主さんは自分の子供たちに洋服を編んであげるお母さんのような優しさと、自分が作り出すものに対する自信から自然と生まれる厳しさのようなものを兼ね備えたとても素敵な方。なんでも最初は趣味で作っていて、それが評判を呼び、縁日に出店するようになったとのこと。それ以来約35年間、この幅にして2メートルほどのスペースは、たくさんの人たちの笑顔を生んできたことでしょう。

素手で白い毛糸を触ろうとする子供たちには、「汚れちゃうから大事に見てね」と優しくたしなめ、人形をみて昔を懐かしむご婦人たちと共に当時を懐かしむ、そのようなお客さまとの絶妙な距離感が35年もの間、愛され続けた理由かなと思いました。

画像画像

_お孫さんへのお土産にも、もちろん自分にも

「やっぱりお客さまはご年配の方が多いわね。お見舞いにも喜ばれるわよ。」

ご飯にもマヨネーズをかけるような”マヨラー”のみならず、キューピーちゃんは幅広い年齢層に愛されるんですね。言葉に出さずとも、道行くお客さまの笑顔にそれがあらわれていました。それでもここは巣鴨、やはりご年配の方々のお客さまが圧倒的に多いようです。あと次に多いのがお見舞いのお土産だそうです。”病は気から”とも言うし、このキュートなキューピーちゃんが病気と闘っている方にたくさんの笑顔をもたらしているんでしょうね。あっ、もちろんご自分の笑顔のためにもどうぞ。

画像画像

_同じキューピーちゃんは二度と出会えない(かも?)

「大変?ぜんぜん。楽しいもん。」

洋服は一つ一つ手作り。だから、ひょっとしたら同じ色の同じデザインの洋服を着たキューピーちゃんには二度と出会えないかも???あまり値段が分からない人には「高い」といわれることもあるそうですが、編む時間と原価を考えると手のひらサイズで1000円弱はそれほど高いとは思えないですよね。なにより贈られた人の、プライスレスな素敵な笑顔が物の価値をあらわすはず。これからの季節に最適な和服のキューピーさんも勢揃い。次の縁日にぜひ。

_店舗データ

場所:商店街に入ってすぐ
※夏季の出店はありませんのでご注意ください。
※店舗の場所は日によって若干変わりますのでご注意ください。

履物屋さん

画像
地蔵通りに出店してから、何と50年!黄色い帽子とタバコがトレードマークの店主さんは御年84歳。「おばあちゃんの原宿」なんていわれるずっと前からこの街を見守ってきました。

_取材拒否の店?

「テレビや雑誌の取材も全部断ってきたんだよ。」

出店スペースにぎっしりと並べられたダンボールの中には、誰もが一度は履いたことのあるサンダルや、ご年配の方には懐かしい、若い方には新鮮な下駄や草履などが盛りだくさん。値段も市価に比べてどれも200円~300円ほどお得。お話を伺っているときも、ひっきりなしにお客さまが訪れる。地蔵通りで一番古い露店さんとなれば、いろいろなメディアに登場しているのかと思いきや、なんと取材は全て断ってきたとのこと。今回は個人のブログなどを除いて公のメディアに初登場です!

画像画像

_人気のワケはご主人のこだわり

「やっぱり1000円出してお釣りがくるとうれしいだろ?」

50年間もの間、激戦区、地蔵通りで商売を続けられる人気のワケは、ところどころに散りばめられたご主人のこだわり。価格設定もその一つ。「おれはね、何でも1000円超えると高いと思うんだよ。」と、言うのは簡単でも実際にずっと価格を据え置きというからホント驚き。お話を伺っているときにも常連さんが訪れて、「よそだとここの2足分するからずっとここで買っているのよ」とこっそり教えてくれました。ただ安いだけではなくて、品質も確か。10年くらい持たせる人もいらっしゃるそうです。確かに履く機会は減ったとはいえ、確かなものである証でしょう。「あんまり長持ちして困る・・・。」つぶやいていらっしゃいました。

画像画像

_人気商品・サイズは早いもの勝ち!

「MとLしか残ってないねぇ・・・。」

お話を伺っていたのは午後4時前。この時間だと、どの露店さんもお片づけの雰囲気。人気の色、人気のサイズは当然早い者勝ち。せっかく欲しいサンダルが見つかっても、サイズがないことも・・・。朝9時半からやっているので、欲しい商品がある場合は早めにどうぞ。

_店舗データ

場所:スーパーマルイチ前付近
※店舗の場所は日によって若干変わりますのでご注意ください。

画像画像

文と写真:

巣鴨歴一年半のフォトグラファー見習い 中後政則

バックナンバー

 ページの先頭へ戻る

すがもん屋 オリジナルグッズ販売中!だがも LINEスタンプ