特集記事 Vol.4 - 巣鴨の外国人留学生が歩いた地蔵通り(Vol.4 2009年1月)

男も赤パンツをはく? 三好屋さん

三好屋は色んな健康的な衣類を売っているお店ですが、私たちの興味を特に引いたのはやはり有名な赤パンです。
びっくりしたのは男性用があることでした。普通、赤といえば女性用と思ったからです。
店員さんに赤パンがなぜ巣鴨の名物になったかと聞くと、ラジオや雑誌、またテレビ放送で採りあげられたからではないか、とのことでした。
赤パンをはくと血液循環がよくなり、内蔵から頭まで体の調子がよくなるそうです。

「私も購入してみたかったですが、残念ながらサイズがありませんでした。(呉恵珍さん)」

「チェコでは健康に関する商品は衣類と一緒には売っていません。体にいい健康的な服を買う事ができるのは素晴らしい事だと思います。(バルボラさん)」

「私も健康のために韓国へ帰る前にいつか着てみたいです!!(李美京さん)」

取材:呉恵珍さん(韓国)、バルボラさん(チェコ)、李美京さん(韓国)ほか

留学生たちから見た地蔵通り商店街

 ページの先頭へ戻る
 特集一覧へ戻る

巣鴨地区街づくり協議会 すがもん屋 オリジナルグッズ販売中!だがも LINEスタンプ