特集記事 Vol.4 - 巣鴨の外国人留学生が歩いた地蔵通り(Vol.4 2009年1月)

日本の伝統文化 市松人形館さん

市松人形の由来は、徳川吉宗の時代に実在した佐野川市松という上方の人気歌舞伎役者に似せて作られた人形が起こりと言われているそうです。
かつてはお嫁入りのお供としてご両親から手渡された市松人形は着せ替え人形としてもかわいがられました。しかし現在ではその風習は残っておらず、一部の愛好家や業者のみ流通しているのが現状のようです。
私たちは伝統的な日本文化に触れ、とても考えさせられ、また感激しました。

ちょっと怖いイメージのあった市松人形ですが、実際に人形を抱かせてもらって、そのかわいらしさと込められた思いの温かさに気づきました。

「人形を子供として扱う日本民族という、一つの伝統文化を学びました。(チョウさん)」

「世界中の人たちに、【持ち主の気持ちを人形に託す】市松人形を知って欲しい(ソンブリさん)」

「韓国には残念ながらこのような文化はないが、韓国人の心を奪うかもしれない(金恩美さん)」

「本当にかわいい。中国でも市松人形は受け入れられると思う(袁源さん)」

取材:チョウ エキさん(台湾)、ソンブリさん(中国)、金恩美さん(韓国)、袁源さん(中国)ほか

留学生たちから見た地蔵通り商店街

 ページの先頭へ戻る
 特集一覧へ戻る

巣鴨地区街づくり協議会 すがもん屋 オリジナルグッズ販売中!だがも LINEスタンプ